FeeeeeLog

Google検索で不要なワードを除外して検索する方法

   

検索すると、いらない検索結果が多く含まれることってありますよね。
そんな時に不要な内容を除外する方法を教えます。

  • 〇〇で検索したのに、××という不要な言葉ばかりたくさん含まれる
  • 〇〇だと複数の意味があるが1つの意味に限定したい

検索例は次のようになります。

不要な語句に半角のマイナスをつけて検索します。

これから詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

不要な語句を除いて検索

不要な語句が検索結果に含まれる場合、半角のマイナスを使って不要な語句を取り除いた検索を行います。

  • 除外する語句の前に半角のマイナス「-」を付ける

「マック」で検索すると「マクドナルドが中心に検索結果が表示されます。「Mac」という英語の検索ワードに変えるという方法もありますが、マクドナルドを除外する方向で検索します。

Google検索「マック」

Google検索「マック」

次に、「マック」から「マクドナルド」を除外します。

Google検索「マック」除外「マクドナルド」

Google検索「マック」除外「マクドナルド」

検索結果の上位がAppleのMacに変わりました。
一部マクドナルドの内容も表示されていますが、検索ランキングにはマクドナルドがなくなっています。

正しく除外の検索ができているかは、検索結果の表示内容で「マクドナルド」が太字になっていないことで判断できます。
例えば、「マック」「マクドナルド」の2語で検索すると、それぞれの語句が太字になって表示されます。

Google検索「マック」「マクドナルド」

Google検索「マック」「マクドナルド」

アドレスバーの重要な部分を記載すると次のようになっています。

https://www.google.co.jp/search?q=マック+-マクドナルド

全角のマイナス「ー」では除外できない?

特別な意味を持つ文字は、半角文字でなければ正しく動作しません。

  • 全角のマイナス「ー」では除外できない

この場合、「マック」と「ーマクドナルド」という2語が含まれるページの検索になります。
また「ーマクドナルド」を「マクドナルド」と解釈して、「マック」と「マクドナルド」の2語のページが含まれる検索を行っているようです。

Google検索「マック」「ーマクドナルド」

Google検索「マック」「ーマクドナルド」

マクドナルドが除外になっていない場合、検索結果の「マクドナルド」が太字になっていることで判断できます。太字になっているということは、検索語句になっているということです。

Google検索「マック」「ーマクドナルド」太字

Google検索「マック」「ーマクドナルド」太字

どうもうまく検索できていないようであれば、半角スペースのマイナスになっているかは要注意です。

なお、アドレスバーでは「ーマクドナルド」となっていて、半角スペースの「-マクドナルド」とは区別しづらいです。

https://www.google.co.jp/search?q=マック+ーマクドナルド

除外語句の前の区切りは全角スペースでも良い?

「マック -マクドナルド」と「マック -マクドナルド」では、同じ検索結果が表示されました。

区切るための文字が半角スペースか全角スペースかは区別しなくても良さそうです。

先に除外ワードがあっても良い?

「マック -マクドナルド」ではなく「-マクドナルド マック」と語順を入れ替えても結果は同じでした。

語順は気にすることなく除外してくれます。

複数の語句を除外できる?

1語の除外だけでなく、複数語の除外が可能です。「マック -マクドナルド -Mac」とすることで、マクドナルドとAppleのMacが除外されます。

検索結果の上位には、「マック・スウェイン」や「マック(像)」などが表示されました。

まとめ

複数の検索ワードから不要な複数の検索ワードを取り除くというような検索ができると、欲しい情報が見つやすくなります。
次のような形の検索ですね。

まずは、「〇〇」や「〇〇 □□」で検索し、不要なものが表示されたら「〇〇 □□ -△△」として削っていくイメージが良いです。
不要な内容はバシバシ削ってしまいましょう!