FeeeeeLog

Google検索の基礎、1語で検索する

   

Google 検索 トップページ

Google 検索 トップページ

Google検索の基本的な使い方であるキーワード1語で検索することで、「何ができるか」「どのように使うか」について説明します。

  • Google検索を使うと何ができるか知りたい
  • Google検索で、〇〇の1語で検索するとどのような流れで目的のものを見つけられるか分からない

スポンサーリンク

Google 検索 を簡単に説明すると

細かく難しく説明せず、完結に言うと

Google 検索とは、パソコンやスマートフォンなどのブラウザ(例:Chrome/Safari/Microsoft Edge)で表示できるウェブページ(例:Yahoo! Japan、Amazon、楽天)の中から、文字列のキーワード(例:自動車、デジタルカメラ)を使って目的の情報を探すサービスです。

以下のような検索ボックスに文字列を入力して検索します。

本検索ボックスはPC版の表示イメージでスマートフォンの場合は虫眼鏡等の表示がない可能性があります。

つまり、欲しい情報のキーワードとなる言葉を知っていれば、それを探し出すことができる可能性があるということです。
どこかで見た広告の商品や、電車の乗換情報などかなりのものを探し出すことができます。

Google 検索 の使い方

  1. 検索ボックスに「検索したい文字列を入力」し、「Enterキーを押す」
  2. 検索結果から欲しい情報を探す。(見つからない場合は1に戻って再度検索する)

1. 検索ボックスに検索したい文字列を入力し、「キーボードのEnterキーを入力」すると検索できる。
「デジタルカメラ」と入力すると以下のようになります。

2. 「デジタルカメラ」の検索結果が表示されるので、この中から欲しい情報を探す。

「デジタルカメラ」の検索結果

「デジタルカメラ」の検索結果

検索方法はこれだけです。

欲しい情報が見つからない場合は「再度検索ボックスに文字列を入れて検索」または「一番下までスクロールして「もっと見る」や「次へ」で検索結果をより多く表示」のどちらかを行って更に探します。

検索結果の基本

Google 検索を行った検索結果には、主に「広告」と「検索文字列に関連が高いページの情報」を表示します。
広告については、広告料などその他の条件で表示されるため、必ずしも検索結果の上部にあるからと言って関連が高いとは言えない可能性があります。
広告でない検索結果は、上部にあるほど検索文字列と関連が高いため、欲しい情報は上部にあることが多いです。

  • 検索結果の上にあるページほど検索文字列と関連が高いとGoogleが判断している
  • 検索結果の上部には「広告」が表示されることがある

さいごに

Google検索の基礎である1語での検索について説明しました。
この方法だと欲しい情報がなかなか見つからないというような方は「Google検索の便利な検索方法まとめ」を探してみてください。