FeeeeeLog

Google検索で電卓を使う

   

ちょっと計算したいけど、電卓アプリを表示するのが面倒だ。

そんなときは、Google検索で「1+1」「2*2=」「(3+10)*123」のような計算式を入力して検索すると計算結果と電卓が表示されます。

  • ちょっと計算したいが暗算や暗記が大変
  • 電卓アプリを表示するのが面倒
  • Google検索を電卓として使う

時々しか使わないアプリなんかのときには、開く手間よりもよく使うアプリで計算してしまうほうが楽ですね。

それでは詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

Google検索を電卓として使う

Google検索の入力文字列として計算式を入力して検索します。これだけなので具体例をいくつか上げていきます。

Google検索の電卓(1+1)

Google検索の電卓(1+1)

このように、「1+1」の検索結果が電卓で表示されます。この状態では電卓として利用可能なので、数値を入力して電卓アプリのように利用可能です。

計算式の最後に「=」をつけても良い

また、以下のように計算式の最後に「=」を記述しても良いです。

Google検索の電卓(2*5=)

Google検索の電卓(2*5=)

複雑な計算は「()」とともに計算する

多少複雑な計算式の場合は、「()」で括ることも可能です。

Google検索の電卓((3+10)*123)

Google検索の電卓((3+10)*123)

数式の入力が面倒ならば「電卓」で検索する

計算式で検索すると計算結果が出ますが、数式の入力が面倒だと言う場合もあります。その場合キーワード「電卓」で検索しましょう。

Google検索の電卓

Google検索の電卓

2021-01-18現在、PCで試したところ、「電卓」では検索できずに「電卓 検索」「電卓 グーグル」「calculator」あたりの入力で検索しなければ表示されませんでした。個人の環境によって表示されるものが変わる可能性があるので「電卓」による検索が常にGoogleの電卓アプリを表示するかは微妙ですね。

ですが、おそらくスマートフォンの場合は「電卓」で電卓が表示される可能性が高いので試してみてください。

  • 計算式を検索すると計算結果と電卓が表示される
  • スマホのGoogle検索で「電卓」を検索すると電卓が表示される可能性が高い