FeeeeeLog

Gmailを閲覧ウィンドウ”分割”でメールのパーマリンクを取得する

   

Gmailの閲覧ウィンドウで、”分割しない” 以外(”受信トレイの右” または “受信トレイの下”)を選択していると、メールを選択して表示しても、ブラウザのURLにメールのURLが表示されません。よって、メールのURLを利用して他のメモやカレンダー等からリンクしておくような使い方ができません。

Gmailの設定:閲覧ウィンドウ

Gmailの設定:閲覧ウィンドウ

  • Gmailのメールのパーマリンクが取得できずにURLで特定メールのリンクができない
  • “閲覧ウィンドウ”を”分割しない”にすれば、パーマリンクが表示されるようになるが、使い勝手が悪くなる。
  • “閲覧ウィンドウ” が “受信トレイの右” または “受信トレイの下” でメールのパーマリンクを取得する
  • Gmailのメールのパーマリンクの考え方

スポンサーリンク

GmailのURLをパーマリンクに変換



メールのURLの取得方法

  1. メールを選択して表示する
  2. “新しいウィンドウを開く”でメールの内容が表示された新しいウィンドウを表示する
  3. 前述の新しく表示されたウィンドウのURLをコピーする

2. “新しいウィンドウを開く”でメールの内容が表示された新しいウィンドウを表示する

下記のように表示されたメール上部のボタンをクリックします。

Gmailの閲覧ウィンドウで選択したメールを"新しいウィンドウで開く"

Gmailの閲覧ウィンドウで選択したメールを”新しいウィンドウで開く”

3. 前述の新しく表示されたウィンドウのURLをコピーする

“新しいウィンドウで開く”の操作により、以下のような新しいウィンドウが開きます。この上部のURLをコピーします。

Gmailで選択したメールを新しいウィンドウで開いた状態

Gmailで選択したメールを新しいウィンドウで開いた状態

Gmailの特定メールのパーマリンクの考え方

考え方が合っているか確証はありませんが、以下のようにしてパーマリンクを決定しています。

https://mail.google.com/mail/u/0/#all/{ID}

  • /u/0 は、ユーザーが自分であることを表す
  • #all は、すべてのメールを対象とすることを表す。他にも#inbox, #labelなどがある。
  • {ID}は、新しいウィンドウのURLのパラメーターthの値を設定する。

前述の「GmailのURLをパーマリンクに変換」を使用することで、これらの変換処理を実行します。