FeeeeeLog

データセーバーでAndroidの通信量を節約しよう!

   

「今月はスマホの通信データ容量が残り少ない」「もっと通信量が減らせられないかな」と言った悩みの解決法を教えます。

  • スマホのモバイルデータ通信量を減らしたい
  • ウェブページを素早く表示したい

格安SIMとdocomoの2つを持っていますが、特に昼休みなどの特定の時間帯に通信が遅くなりやすい格安SIMでは、遅さにイライラすることがありますよね。
そんな時にも通信量を制限できると遅さが多少緩和されますよ。

本記事では、2つの「データセーバー」で通信量を節約します。

  • Android のデータセーバーで通信量を節約
  • Chrome のデータセーバーで通信量の節約&高速化

スポンサーリンク

Androidのデータセーバー

Android 7.0から標準機能に「データセーバー」が追加されました。

Androidのデータセーバーとは

Androidのデータセーバーは、データの通信量を節約するための機能です。
データセーバーを有効にすると、動画のレートを制限したり、画質を低下させたり、アプリのバックグラウンドデータの処理を禁止します。

  • アプリのバックグラウンドデータの送受信を制限
  • 使用中のアプリのデータアクセス頻度を減少

データセーバーによるデータの制限を行わないアプリを指定する(ホワイトリストに登録する)ことも可能です。

データセーバーを有効にする

データセーバーは設定の中にあります。

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択
  3. 「データ使用量」を選択
  4. データセーバー(メニュー内かもしれない)

 

設定 > データセーバー

設定 > データセーバー

クイック設定からもデータセーバーを変更できます。

  1. クイック設定を表示
  2. データセーバー

クイック設定にデータセーバーがない場合は、クイック設定をカスタマイズしてデータセーバーを表示してください。

クイック設定 > データセーバー

クイック設定 > データセーバー

クイックリストのデータセーバーを長押しすると、設定のデーターセーバーまでショートカットできます。

データセーバーが有効になると、ステータスバーに次のアイコンが表示されます。

データセーバー

アプリをホワイトリストに登録

データセーバーの「データアクセス許可」から、ホワイトリストにアプリを追加できます。

データセーバー > ホワイトリスト

データセーバー > ホワイトリスト

バックグラウンドで同期を取りたいアプリや、通信量を制限すると問題があるアプリを追加してください。

Chromeのデータセーバー

ウェブブラウザのChromeにもデータセーバーがあります。

Chromeのデータセーバーとは

データセーバーを有効にすると、大部分のデータでGoogleサーバーを経由して、圧縮されたデータを読み込むようになります。

  • ウェブからのデータの取得先の大部分をGoogleサーバーを経由
  • Googleサーバーでデータを圧縮

ウェブページを表示するためのデータの通信量が減るため、表示が高速化されます。

ただし次の点にご注意ください。

  • シークレットモードではデータセーバーが無効
  • 「https://」のページはデータセーバーが無効

その他の詳細については、「Chromeのデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす」をご覧ください。

データセーバーを有効にする

  1. 「Chrome」アプリを起動
  2. 上部のアドレスバー右  を選択
  3. 「設定」を選択
  4. データセーバー

データセーバーの設定下部「詳しく見る」で、詳細な情報が確認できます。

Chrome > データセーバー

Chrome > データセーバー