FeeeeeLog (フィーログ)

Androidアプリ開発に夢中

*

「ポケモンGO」ポケモンの巣でポケモンを効率よく見つける方法

   

ポケモンの巣なのにお目当てのポケモンになかなか出会えなーーーい!

なんで!どうして!!

ありますよね。こういうことが。

2016/8/3時点では、日比谷公園はディグダの巣です。
ディグダを捕まえながらいろいろ考えてみました。

ポケモンの巣とは、特定のレアポケモンがたくさん出現する場所のことです。
また、ポケモンの巣は定期的にポケモンの種類が変わります。ポケモンの巣自体がなくなる可能性もあります。

スポンサーリンク

ポケモンの巣で気を付けること「ルアーモジュールは無視して立ち止まるな」

ポケモンの巣は、おそらく近隣住民の苦情が出にくい公園などに設置されています。公園にはポケストップも多くあり、ルアーモジュールが大量に設置されていることが多いです。

多くの人は、そのルアーモジュールの近辺に立ち止まったり座ったりしています。

たくさんの野生ポケモンと出会う

たくさんの野生ポケモンと出会う

このルアーモジュールの近くにたくさんの人がいるため、ポケモンの巣のポケモンも呼び寄せられて大量に捕まえられるのではないかと思ってしまいます。

しかし、そうではないようです。

確かに大量のポケモンを捕獲することは可能ですが、目当てのポケモンの巣から出てきたポケモンはあまり出会えません。

ポケモンの巣にいるポケモンに出会うにはどうすればよいかを考える

推測を多分に含みますが、次のようになっていると考えています。

  • ポケモンの巣にいるポケモンは、その近辺でしか存在しません。
  • ポケモンは一定時間(10分程度)ごとに移動・消滅・出現を繰り返している。

これらのことから「ポケモンの巣の範囲は狭いため、ほぼ出現と消滅を繰り返している」と考えています。

つまり、一定時間内にポケモンを発見する必要があるということです。

結論

「ポケモンの巣の範囲内をポケモンを見つけられるできるだけ早い速度で移動し続けてポケモンを探すこと」

これが一番お目当てのポケモンに出会う可能性が高いです。
歩くよりも自転車でゆっくり移動するほうがいいかもしれませんね。

注意点としては「近くにいるポケモン」を見てお目当てのポケモンがいないときは、ポケモンの移動を待つか遠くまで移動するかの2択があるということを覚えておきましょう。

なお、日比谷公園でディグダを進化させるまで歩き回って捕獲したところ約1時間30分でアメが50個以上になりました。

 - その他