FeeeeeLog (フィーログ)

Androidアプリ開発に夢中

*

「ポケモンGO」効率的なタマゴのふかそうちの使い方

   

ちょっとしたことですが、ふかそうちの使い方に気を付けると時々手に入る「ふかそうち」が長く使えます。
タマゴは捨てられないので、意識的に使うほうが無難です。

あまりにも単純なんですが、無意識でタマゴを選ぶとちょっともったいないです。

スポンサーリンク

ふかそうちを使ってタマゴを孵化させよう

タマゴはポケストップで入手できます。
タマゴは最大9個持てます。ふかそうちで孵化させることでタマゴが減り、新しくタマゴを入手可能です。

次のような感じで、タマゴがふかそうちに入っていることで、距離がカウントされてタマゴが孵化します。

ポケモンGO タマゴ

ポケモンGO タマゴ

時速10kmを超えると、移動距離の計測がほぼされないので、基本的には歩いて距離を稼ぎましょう。

タマゴをふかそうちにいれる

  • タマゴをタップします。
  • ふかそうちを使うをタップして、ふかそうちを選びます。
ポケモンGO ふかそうちを使う

ポケモンGO ふかそうちを使う

ふかそうちの種類

ポケモンGO ふかそうち

ポケモンGO ふかそうち

種類 補足
ムゲンふかそうち 1つ持っています。
タマゴを孵化させても壊れません。
ふかそうち 3回使うと壊れます。
レベルアップで時々もらえます。
ショップで購入できます。

タマゴの種類

ポケモンGO タマゴ

ポケモンGO タマゴ

種類
2.0km
5.0km
10.0km

タマゴの種類によって出るポケモンが決まっています。基本的には、レア度の高いポケモンを取得したい場合は距離が長いタマゴを孵化させましょう。

上手にふかそうちを使うとは?

ムゲンふかそうちとふかそうちをタマゴの距離によって使い分けます。

孵化装置の種類 孵化させるタマゴの種類
ムゲンふかそうち 手持ちのタマゴの中で距離が短いタマゴを孵化させる。
ふかそうち 手持ちのタマゴの中で距離が長いタマゴを孵化させる。

ふかそうちは3回使うと壊れるため、できるだけ長い距離使用するほうが良いということです。

逆にムゲンふかそうちは壊れないため、できるだけ短い距離のタマゴを孵化させることで、長い距離のタマゴを残します。

ちょっとしたことですが、これを気を付ければ長時間ふかそうちを使うことができます。

 - その他