FeeeeeLog (フィーログ)

Androidアプリ開発に夢中

*

「ポケモンGO」ミニリュウをできるだけ近所で戦略的に捕まえる

   

カイリュー欲しいですよね。

一番楽な方法だった、ミニリュウの巣はなくなってしまいました。

近いうちはミニリュウの巣はどこにも出現しないのではないかと予想しています。
カイリューだらけになってしまうのは運営が避けるのではないかと考えているためです。

本記事は、できるだけ近所で少しずつミニリュウを集めてカイリューに進化させるためのミニリュウの集め方の考察です。
前提:ポケモンの位置が分かるサイトやアプリは使用しません。

スポンサーリンク

ミニリュウの発生条件を考察する

発生条件は水ポケモンが出現する場所であること

水ポケモン(コイキング/コダック/ヤドンが多い)が発生する場所は、まれにミニリュウが発生します。
また、水ポケモンの発生場所にあるポケストップにルアーモジュールが設置されていると、ミニリュウの発生確率が上がるような印象があります。単純にポケモンの発生数が増えているだけかもしれません。

水ポケモンの発生場所は?

水ポケモンは、水辺の近くで発生します。この「水辺」の定義は広いです。

代表的なもの

その他

小さい範囲であってもGoogle Mapで水があれば、そこには水ポケモンがいる可能性が高いです。
さらに、地図上は川が見えないけれど、地下に川が流れているようなケースや元々川があったようなところまで実は身近に水ポケモンが発生する位置はあるかもしれません。

ミニリュウを捕まえる方法を考察する

次に、ではどうやってミニリュウを捕まえるかについてです。

「近くにいるポケモン」機能をフル活用してミニリュウを探します。

「近くにいるポケモン」でミニリュウが探しやすい条件を整える

「近くにいるポケモン」は半径200メートル(距離は変更になる可能性があります)のどこかにいるということしか分からないため、探し回る気力が奪われてしまいます。
そこで、「近くにいるポケモン」のミニリュウが360度の方向ではなく、少ない方向に限定できるような場所にします。

「近くにいるポケモン」の方向を限定しやすい場所

「川幅の狭い川」で、その川の両サイドに水ポケモンが発生する位置がない場所です。
こういう場所では川に沿って「近くにいるポケモン」を2方向に限定できます。「どちらか一方に」ミニリュウがいるので、ある程度動いて「近くにいるポケモン」が消えたら戻るというようにして場所を特定しやすいです。

このようなケース以外にも、水ポケモンと水以外のポケモンが発生する場所が分かっていればミニリュウの位置が限定できます。
池でも湖でも海でも、「近くにいるポケモン」のミニリュウの位置が限定できそうな場所であれば探しやすくなります。

注意が必要なのは、その付近はポケモンがある程度発生しやすい場所であるかということです。絶対数が多くないとそもそもミニリュウの発生確率も下がるからです。

さいごに

いかがでしょうか。

実は近くに川がある!とか池がある!とかあるのであれば、一度ミニリュウ探し(水ポケモンの発生場所探し)をしてみるとこの方法が試せるかもしれませんね。

 - その他